昨日、勉強会がありました。
私達、獣医師のお勉強だけでなくオーナー様にもお役立ち情報がありました。
少しご紹介します。

狂犬病ワクチンの副作用の発生率は0.0007%程度とかなり低いもので、
混合ワクチンよりも統計上安全とわかりました。

狂犬病が発生したら・・・
法律の理解など・・・

発生しないように獣医師会は色々備えてます。

体調等に留意して、来院の前後に時間に余裕をもっておくことも大事ですね。